お子さんがいる家庭なら、「毎月しっかり子供のために貯金をしなくちゃ!」と焦っている方も多いと思います。

一般的に子供1人につきおよそ1000万円の教育資金が必要といわれていますよね。

もちろん、幼稚園から全て私立校に通ったり、留学をしたいなんていわれたら1000万円じゃ足りません。

そこで今回は、子供貯金の毎月平均額貯金方法などを紹介していきたいと思います^^

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

子供の教育資金っていくらかかる?

将来の子供の教育資金はいくらぐらいかかるのか文部科学省の調査によると、

幼稚園から大学まで全て公立で通う場合、必要となる学習費総額は約780万円

幼稚園から大学まで全て私立で通う場合、必要となる学習費総額は約2400万円

といわれています。

さすがに幼稚園から全て私立に通うという方は、相当裕福な家庭しか無理だと思いますが、

大学まで順調に全て公立に通うとしても最低でも800万ほどはかかってしまいます。

もし自宅外から通うとなると家賃や光熱費など、さらに生活費もプラスされていきます。

やっぱり1000万円はみておかないといけませんね。

資金面で負担をかけて将来子供の選択肢を狭めたくないですし、出来れば子供の希望通りの道に進ませてあげたいのが親心ですよね。

なので、教育資金はコツコツ貯めていかないといけないんですよね。

スポンサーリンク

 

毎月の子供貯金の平均はいくら?

ネットを中心に調べてみると、子持ち家庭の子供貯金の毎月の平均金額は1~2万円ほど。

あまり余裕がない方でも月5,000円は頑張って貯めているという方が多いです。

中には、月5万円以上を子供貯金に回しているという方もいましたがさすがにこれは高収入家庭でないと厳しいですね^^;

今は児童手当もありますし、児童手当分+家計から5,000~10,000円を毎月出してしっかり貯めていくのが一番いいですね。

そのためにも上手く家計管理をして貯金に回せるお金を増やしていかなくてはいけません。

関連記事:家計簿の項目例を紹介!これで簡単に分類できる!続かない方必見!

 

子供貯金の方法は?

子供貯金をしていくには、家計での貯金とは別に子供貯金』としてしっかり分けて貯めていくのがベストです。

その方が管理をしやすく、今現在どのくらいあるのかも把握でき色々と調整しやすいからです。

子供貯金は、長期的に貯めていく方がいいのでお子さんが生まれたらすぐに準備に取り掛りましょう!

貯金の方法としては、以下の通りで貯めていくことがおすすめです。

 

①保険に加入する

子供のための保険といえば、一般的には学資保険に入る方が多いと思います。

しかし、今は利率が良くないので昔ほどメリットがなくなってきています。

そこで今、人気となっているのは、低解約返戻金型終身保険というもの。

一般的に低解約返戻金型終身保険とは、契約途中で解約してしまうと解約返戻金が少なくなってしまうデメリットがあるけど、その分毎月の保険料が安くなるというものです。

でも保険料払込期間満了後に解約すれば、通常と同程度の解約金になるので長期間解約しないことを前提にすればこっちの方が払込保険料は少なく済むんですよね。

学資目的なので途中解約は絶対しないと決めていたので、うちもFPさんの話をしっかり聞いて学資保険の代わりに低解約返戻金型終身保険(払込期間15年に加入しました^^

もっと詳しく知りたいって方は、ぜひ無料保険相談などに行って詳細を確認してみて下さいね。

関連記事:無料保険相談おすすめランキング!どこがいいのか迷っている方必見!

 

②子供の預金通帳に貯金

子供が生まれたら子供名義の通帳を作成すると思います。

お年玉やお祝い金とは別に毎月決まった額を貯金していったり、1年に1回まとめて定期預金を作成したりコツコツ貯めていく方法も効果的です。

先取り貯金として毎月すぐに子供貯金に移せば毎月一定額をしっかり貯めていけますし、銀行の金利上乗せキャンペーン時に定期預金に預ければ少し金利が多くつくのでお得です^^

どうしても入り用があれば保険と違っていつでも引き出せるのもメリットですね。

関連記事:先取り貯金の目安金額や重要なコツや紹介!できないと悩んでいた方へ!

 

③投資を始める

リスクはありますが、投信信託株式投資などを利用して子供の貯金を積極的に増やしていくという手段もあります。

非課税で資金を運用できるジュニアNISA(未成年のためのNISA)という制度もありますし、今は、銀行に預けていても金利がほとんどつかないことから投資を選択する方も増えてきています。

もちろん、元本割れのリスクがあるので「損をして教育資金が全く準備が出来なかった…」となってはいけませんのである程度資金に余裕が出てきてから始める方がいいです。

特に何もわからない初心者の方が適当に投資を始めるのは危険なので…事前にしっかり知識をつけて準備しておきましょう。

子供がある程度大きくなったら説明して投資についての知識がつくのもメリットですね。

関連記事:女性におすすめの無料マネーセミナーとは?口コミは?勧誘や販売はされる?

 

まとめ

子供の教育資金って本当に高いですよね…。

特に大学進学時にはまとまったお金が必要になります。

なので私は、やっぱり低解約返戻金型終身保険に加入しておくのが一番おすすめだと思います!

保険商品なので万が一の時は保障もついていますしね^^

お金がなくて進学を諦めさせるという悲しい選択をさせないためにも将来のために今からしっかり準備をしておきましょう。

普段の生活から節約を意識して長期的にコツコツ頑張っていきましょうね^^

関連記事:毎月貯金額の平均は?子持ち家庭でも簡単に無理なく出来る節約方法は?

スポンサーリンク