毎年、ボーナス時期になると世間ではボーナス商戦が始まり、色々なところでセールやキャンペーンが開催されますよね。

しかし、ボーナスが出ない家庭ももちろんあるわけです。

そんな方は、どうしてもボーナス時期に卑屈になったり、落ち込んだりしてしまいがちですね…。

しかし、しっかり家計管理をしていればボーナスがなくても貯金はできます!

では、どんな貯金方法があるのかお伝えしていきますね。

関連記事:毎月貯金額の平均は?子持ち家庭でも簡単に無理なく出来る節約方法は?

ボーナスがない家庭の割合は?

毎年、ボーナス時期になると大手企業や国家公務員のボーナス額がニュースや新聞で発表されますよね。

しかも、結構良い額なので「うちはそんなに貰ってない!」とイライラする家庭も多いはず…(^_^;

ニュースでは、好景気でボーナス額は昨年より上がっているなどといわれていますが、実際、夏も冬も結構な額を貰っているのは大手企業だけなんですよね。

ほとんどのサラリーマン家庭は、中小企業勤めで微々たるものではないでしょうか…。

そしてマイナビ調べによるとボーナスが全く出ない会社の割合は、およそ4割もあるといわれています。

毎年ボーナスを出さないことに法的な義務はありませんから「経営不振」「不景気」などを理由に支給されない会社も結構あるのです。

もちろんアルバイトや派遣労働者のような非正規雇用の場合は、最初からボーナスが出ないですからボーナスがない家庭は4割よりも多くなると思います。

かといって、ボーナスが出る会社に転職するというのも大変ですし、ボーナスが出ても年収が下がってしまうということもあるので難しいですよね。

 

ボーナスがない家庭の貯金方法は?

では、ボーナスが全く出ない家庭は貯金が全く出来ないのでしょうか…?

実は、そんなことはなくて自分がしっかり家計管理していけば貯金もできていきます。

そこでボーナスが出ない家庭でも出来る節約貯金術を紹介していきます。

落ち込んだり、悩んでいるならまずは実践してみましょう(^^)

関連記事:貯金ができない人の特徴は?こんな行動パターンや性格の人は要注意!

 

先取り貯金をして毎月一定額を貯金する

ボーナスが出なくても毎月の給料でしっかり先取り貯金をして積立てておけば自然と貯金は増えていきます。

ボーナスがある家庭は、「ボーナスが出たらそれで補填しよう」という甘い考えがどうしても出てきやすいです。

しかし、ボーナスがない家庭はそれが出来ないないので先取り貯金分や過去の貯金には手を出しづらくなります。

しっかり貯める意思があれば、なんとか先取り貯金分を抜いた給料でやりくりできるはずなので強い意思で毎月頑張りましょう。

関連記事:先取り貯金の目安金額や重要なコツや紹介!できないと悩んでいた方へ!

スポンサーリンク

 

小銭貯金をする

普段の生活の中でスーパーなどで買い物をした際に出たおつりや財布の中にある小銭をコツコツ貯めていくという方法です。

小銭貯金専用の貯金箱を買ってそれに貯めていくと貯めやすいですね(^^)

大きな金額を毎月貯金するのは無理でも100円や500円程度なら貯めやすいですよね。

小銭貯金箱を部屋の目立つところに置いておいて、家族にも協力してもらうといいですね!

それが塵も積もれば山となり、気付くと何万円も貯まっていたりします。

小銭貯金は、手軽にできるのでぜひ今すぐにでも始めてみましょう♪

 

つもり貯金を実践する

つもり貯金とは、買ったつもり・食べたつもりなど〇〇したつもりになって我慢をしたり、他の方法で代替することにより、その分の浮いたお金を貯金するという方法です。

やっぱり、お金がないのに思いのまま買い物をしていたらいつまで経っても貯金はできません。

そこで何か欲しいものが出てきた際には、衝動買いをせずに少し思いとどまってまず「本当に必要なものなのか」「もっと他の安く済む方法はないか」を考えてみて下さい。

例えば、外食したつもりで家でカフェ風ごはんを自炊する、ビールを買ったつもりで安い発泡酒を買う、遊園地に行ったつもりで大きな公園でピクニックするなどです(^^)

我慢のしすぎでストレスを溜め込むのはよくないですが、意外とお金をかけずに楽しむ方法はたくさんありますし、慣れてくればそこまで苦ではありません。

まずは、一度実践してみて下さい!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ボーナスがなくて貯金ができないと悩んでいる方の少しでも参考になれば幸いです。

ボーナスが出る家庭を羨むのは仕方のないことですが…そこは割り切ってボーナスがないならないなりに何かしらの努力は必要です。

ボーナスが出ないから貯金を諦めるのではなく、少しでも貯金が出来るように意識して行動していけば必ず貯金は出来てきます。

微々たるものでも貯金をしているのとしていないのとではいざという時に違ってきますからね。

それなのでボーナスがないという家庭も出来る範囲で毎月コツコツ節約貯金を頑張っていきましょう(^^)

関連記事:独身時代の貯金額平均はいくら?使い道は?夫には言わない方がいい?

スポンサーリンク